#21 『Dining Dialog 食卓の記憶』終演ふりかえり④観客代表黒門支配人

Sand Pitの即興オーシャン

Sand Pitの即興オーシャン 配信回

さぁ、今週いつもお世話になっているこの黒門放送局がある
黒門カルチャーファクトリーの支配人よらさんこと水野嘉彦さんをゲストに
普段劇場になかなか足を運ばないお客さん視点でDining Dialogのこと語っていただきました。

☆☆☆☆☆☆☆
お聞きくださった感想や、
ご意見ご質問応援メッセージなどなど
SandPitコンタクトフォーム
までいただけると励みになります。宜しくお願いします!

番組パーソナリティについて

ゲストプロフィール

よら(水野嘉彦)

よら(水野嘉彦)

1981年5月27日生まれ
現場 代表
黒門カルチャーファクトリー支配人

理屈村出身。

「自分にとって面白くないこと」を「自分にとって面白いこと」に変換することに興味を持っています。

自分にとって面白くないものは思考停止してる慣習や常識のようなもの。理屈に合わないもの。それらをもっと面白い可能性に転換したい。
そのためには規制をはずすことが大事だと思います。

規制された表現からは面白いことが生まれにくい。
黒門カルチャーファクトリーは目に見えないしがらみや常識と呼ばれる「誰かの当たり前」から開放される場所でありたいと思ってます。

活動理念は自分にとって気持ちいい世界を創る

☆経歴☆
17歳 一人暮らし開始
24歳 東海大学大学院開発工学研究科生物工学専攻 修了
同年 東京でアニメの制作進行、リクルート代理店の営業
25歳 腰のヘルニアで失職。
同年 愛知県稲沢市で友達の家に居候。デザインの勉強開始。
26歳 デザイナーとして入社したら、風俗経営会社だった
30歳 大阪で友人と起業
36歳 個人事業主として独立
37歳 黒門カルチャーファクトリー支配人 就任
38歳 現在に至る

▼この辺の話しを詳しくインタビューしてもらった時の記事
よら -人と人の関係性をデザインする「デザイニスト」

バックナンバー

過去放送をもっと見る

黒門放送局
今すぐ番組を持つ